プロの弁護士に任せて医療訴訟で勝訴しよう

まずはなんでもご相談下さい

トラブルを解決する

弁護士でないと戦えない

もし自分の周りで病院に関するトラブルで医療訴訟になるケースが発生したら、その時は弁護士に相談をする必要があります。訴訟はつまり裁判を起こすということですから、法律の専門家である弁護士にお願いをしなければ戦うことができません。 特に医療に関する裁判は専門的な知識が必要となります。素人が付け焼刃で調べた知識では裁判において有利にことを進めることは難しいです。医療訴訟のために何をすべきなのかという点は専門の弁護士にお任せして、自分は事故に関する経緯や病院の対応などをまとめることに全力を尽くしましょう。 法律の世界はとても独特で誰もが常識だと思っていることが、正しいとは言い切れないことがあります。そのような判断も弁護士の先生にお任せすることが良いです。

名誉のために正当性を主張する

医療訴訟を起こす理由としては色々なパターンが考えられますが、事故によって亡くなった方の名誉のために遺族が訴えるということがあります。人間の死因は他の人にも語り継がれますので、老衰で亡くなったのと医療事故で亡くなったのとは大きな違いです。 当人が一生懸命治療に励んでいたのにも関わらず、医療事故で亡くなってしまったのであればその事実を無視するわけにはいきません。医療訴訟は長期化することが多いですが、それでも戦いたいという遺族の強い意志が必要となります。 実際に訴訟を起こすことになれば、弁護士の先生が細かなことからヒアリングをしてくれます。疑問に思ったことや亡くなり方におかしいと思った点があれば、何でも話をしてみてください。

最近多い医療訴訟について

医療訴訟が多いのは、内科と外科だと言われていますが、最近増えているのが美容整形外科に対する医療訴訟です。 特に、手術の説明義務を果たさずに、手術後トラブルになるケースが多いです。 医療訴訟は、医師側に過失があったことを証明することが大事で、裁判になれば客観的な証拠が必要となってきます。 美容整形外科は、ほとんどが自由診療で行われるので、カルテの内容に不備があると施術内容がわかりにくい場合も多いのです。 そうなると、カルテの内容からの立証が難しいため、裁判では病院側が有利になることも少なくないのです。 ですから、訴える側は、カルテ以外の資料から病院側の施術ミスを立証するなどして、医師側の過失を明らかにする必要があります。

経験が豊富な弁護士に依頼する

医療トラブルの場合、医療専門の弁護士に依頼する方が安心です。 医学的知見を備えた弁護士なら、心強い味方となってくれます。 美容整形に関して専門的なアドバイスをしてくれる医師の協力がある弁護士事務所なら、さらに安心です。 医療訴訟は、難しい訴訟になることが多いので、できるだけ実績があり、経験豊富な弁護士事務所を選ぶことが大事です。 医療訴訟には、様々なケースがありますから、場数を踏んだ腕の良い弁護士に任せるのが良いでしょう。 訴訟では、法律的解決の可能性がどれくらいあるかを弁護士と共に考えて、慰謝料の請求等を行うことになります。 弁護士費用については、弁護士事務所のホームページなどに詳しく記載されているので、参考にするといいです。

TOPICS

トップへ

Copyright (c) 2015 プロの弁護士に任せて医療訴訟で勝訴しよう all reserved.