プロの弁護士に任せて医療訴訟で勝訴しよう

まずはなんでもご相談下さい

様々な医療に合わせて

近年美容整形の増加などを背景に、医療訴訟を依頼する方が増加しています。

現在美容整形にチャレンジする人が増加しています。美容整形と言えば、昔はメスを主体とした医療行為が中心でした。しかし近年はメスを使わず、ヒアルロン酸注射やボトックスなど、注射による施術も増加してきました。こうした手軽な注射による治療は、副作用のリスクも低くメスを使わないので安心感もあり、若い世代の方の需要も増加しています。しかし、その反面、理想の自分と異なる仕上がりがあったり、顔の腫れが続いたりといった違和感を覚える人が一定数いらっしゃるのも事実です。多くの場合、しばらくすると違和感もなくなりアフターケアで鎮静化していきます。でもなかなか改善が見込めない場合は医療訴訟に発展するケースもあります。医療訴訟とは行われた医療行為への損害賠償請求です。

専門の弁護士は訴訟準備もスムーズです。

医療訴訟を起こす際には、自分で手続きを行う方法と弁護士に依頼する方法があります。自分で手続きを行う際は、内容証明の手配や術前と術後の資料などを自分一人で集める必要があります。その分コストは低くて済みます。一方の弁護士への医療訴訟の依頼は。自分一人で行うよりはコストがかかりますが、資料の作成や相手方への内容証明の送付など必要なことを大方負担してくれます。また、医療訴訟に強い弁護士に依頼できると、過去の判例なども参考に非常に丁寧な資料や裁判の進捗を図ってくれます。その他にも弁護士は、訴訟の中で示談になる際の相場や、示談交渉自体も代行して行ってくれます。美容医療のトラブルを早期に改善し、明るい自分を取り戻すために早期解決が得意な弁護士に依頼しましょう。

トップへ

Copyright (c) 2015 プロの弁護士に任せて医療訴訟で勝訴しよう all reserved.